17.03.25(土) 野毛町公園  


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ムサビ特選隊 0 1 0 7

0

0       8
せんがくず 0 0 2 0 0 0       2

 打者
HR
01.まつ 5 1 1 1
0

02.安倍(芸文)

4 2 2 1
0
03.けいすけ 3 0 0 0
0

04.安倍(建築)

4 1 0 1
0
05.しんぺい 4 0 2 1
0
06.みや 3 1 1 0
0

07.うめ

4 3 2 0
0
08.青木 3 1 0 0
0

 投手 勝敗 セーブ 回数 三振 四球

死球

自責点

青木

  5 6 0 0 1

安倍(建築)

    1 1 0 0 0

安倍(芸文)

    1 1 0 0 0


2017年も無事に開幕。先発はパパになってもレジェンド感満載の青木。
少し球速は落ちているものの相変わらずの安定感。この落ち着きはどこから来ているのだろう。


初回は三者凡退に終わるも、2回、先頭の4番安倍(建築)がアンダーシャツ姿で打席に立つ。
ユニフォームはすでに購入済みで梅澤が持ってくるのを忘れたためだ。


建築安倍の打球はレフトへのポテンヒット。せんがくずの守備もまだ目が覚めていない様子だ。


続く助っ人ヤクルトしんぺいはしぶとくセンター前へ運ぶ。まるでWBC松田のようだ。


これを名手吉田がスライディングキャッチ、と思いきやボールはこぼれてしまう。
やはりまだ目は覚めていないのか。


おっと。
欲張りすぎた建築安倍はサードを中途半端に狙っていた。
ものすごい勢いで戻ってくるぞ。


上の写真からすると完全アウトのタイミングぽいが、相手守備が遅いのか、建築安倍が早すぎるのか、なんとセーフ。

これはトスすれば余裕でアウトなんじゃ・・。WBCだったら日本中から非難殺到だろう。


続くミヤは身体がキレている。このスイングは空振りだが、見事にフォアボールを選んだ。



そして梅澤がライトへのポテンヒット。これで先制する。

レジェンド青木は梅澤と同じタイミングでスイングしたせいか、少しつまり気味なスイング。


サードフライ。サードを回る梅澤は相手サードの耳元で悪口を言う。

そんな姑息な手をもろともせず、余裕のキャッチアウトだ。

しかしフライを背伸びして取るのは危ない。


その後、危なげないピッチングと守備。ショートには芸文安倍が軽快なフィールディングを見せる。


3回は1番まつからの攻撃だ。イケメンだ。


まつのパワーは未だ健在。松らしいフルスイングレフト越え。待ってたぜこの打球。

まーレフト取れたけどね。


そして2番芸文安倍は絶妙なセーフティバント。

WBCで言えば山田なみだぜ。


見事に相手投手を翻弄。

グローブすり抜けてるしボール。


そしてWBCで言えば坂本なみの打撃センスを持つけいすけが打席に。

しかしここは絶妙な配球とアウトコースギリギリのストレートで三振に倒れる。

この写真は中途半端に内角高めに手を出したファウル。この後のアウトコース低めは辛かった。



そして4番、WBCで言っても筒香とも中田とも行かないがパワーの持ち主芸文安倍は素晴らしいスイングもセンターエラー。

5番しんぺいはまたもやWBC松田なみの華麗なスイングはサードゴロへ。



しかしこれはサードライナー。ランナーのまつは刺されてしまう。


ミヤは目をつぶり三振。惜しくも追加点ならず。


その裏の守り。笑いながらセカンドを守るミヤの横を打球が通り抜ける。

その後もランナーを出し、二塁打を打たれ逆転されてしまう。


逆転されてしまった特選隊は4回、先頭の梅澤が内野安打で出塁。


9番青木の打球はピッチャーのグローブをすり抜ける。


1番まつの打球はサードゴロ。サードがファーストに投げる間に梅澤はホームイン。これで1点を返して同点。


更に青木も帰ってくる。これで逆転。

この3人、古い。。


2番芸文安倍は見事なレフト前ライナーでヒット。

3番けいすけはフォアボール。

4番建築安倍セカンドゴロの間にまつがホームイン。

5番しんぺいの打球で相手守備が乱れ、更に2点を追加した。

もう何点入ったかわからない。


ここでミヤは見事なセカンド越えライナーでヒット。

さすがの相手守備も参ってきた表情だ。


そして7番梅澤のサードゴロの間にしんぺいがホームイン。

この絶妙な写真。このボールは打球なのか、サードの早急なのか・・・。

何れにしてもこのボールの後にしんぺいがホームインする。


最大量得点の後、中継ぎは建築安倍。

見事の相手打線を翻弄。

そして下に芸文安倍が続く。110km近いストレートとスライダーには手も足も出ない。キャッチャーも取るのが必死だ。


というわけで2017開幕勝利。今シーズンも中年と若手で楽しんで行きましょう〜。